2008年03月05日

シティグループが3万人超す削減検討

米経済ニュース専門テレビ「CNBC」は4日、米銀行最大手のシティグループが今後1年〜1年半の間に、海外拠点も含めた従業員約37万人のうち3万人超の削減を検討していると報じた。

 一方、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は同日、アラブ首長国連邦(UAE)の政府系投資ファンドの首脳が、「シティグループが追加損失を計上し、さらなる資本増強を行う可能性がある」と指摘したと伝えた。

 シティグループは、低所得者向け住宅融資「サブプライムローン」問題の影響で約286億ドルの損失を出すなど業績が大幅に悪化し、大規模なリストラを計画している
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080305-00000001-yom-bus_all
posted by 投資王 at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

東宝の決算

昨日のニュースは新潟県中越沖地震関連の話題が中心でした。市場もそう過敏には反応しなかったようですが、丸紅建材や推奨していた三協フロンティアも復興関連で物色されたようです。ただし、こうした銘柄は一時的な人気なので利益が乗っているうちに手放すのが最良です。

そして今日は…
日経が18000円を保てるかどうか…

現時点での保有は東宝だけですが第一四半期の決算発表の内容が悪く売り込まれています。損切りを2170円に設定しての買いでしたのでこの程度であれば問題有りません。強気でホールドです。元々テクニカル分析での買いですから基本的には決算などのファンダメンタル的な要素は加味しませんしね。
大きな窓を開けたその日の寄り付きで買いに入ってますので、何処かの時点で窓埋めは予想しておく必要はある訳ですが、それほど大きな戻りではありません。ここは逆に押し目を狙いたいと思っています。数日間様子を見ていましたが、「前日比+で陽線引け」の条件が整わない状況でしたので控えていましたが、タイミングだけを見計らって買いに入ります。

テクニカル分析の強みは過去のチャートパターンから未来を予測し、その予測確立を高める手法です。ファンダメンタル的な要素である業績などは予測されていません。(業績などが全て反映されてチャートが完成している)ですから、自分が買いに入っている銘柄の悪材料が出たときには慌てることなく逆に押し目買いを狙うくらいのつもりで対応すると結果は付いてきます。
posted by 投資王 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。